ぐだぐださっかーぶろぐ

サッカー関連の事をゆるーく・ぐだぐだっと取り上げていきます。リラックスして読める記事を目指していきます。

MENU

【スポンサーリンク】

自分にあった睡眠時間や睡眠方法を探す。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

今回はほとんどサッカーやウイイレに関係のないお話です。

タイトル通り、眠るということについて持論を綴っていきます。

 

 

蟻さんは睡眠時間が短い、いつ寝てるの?なんてよく聞かれます。

自分でも他の人よりは1回の睡眠時間が短いかなぁと思っています。

 

毎日朝の4時半~5時半の間に起床しているのですが、寝る時間はまちまちです。

早ければ24時に寝たり、遅ければ26時過ぎでも起きていたり。

こんなことが出来るのは、自分の基本的な眠り方が他の人と違うという事、それを理解しているというのが大きいと思います。

 

ざっとですが自分の生活サイクルを。

 

5時  起床

6時半  通勤時間に軽く寝る

8時~12時  勤務

12時~13時  昼休憩 飯&昼寝

13時~17時半 勤務

午後は途中に15分ほど軽く休む

19時  帰宅

米を浸漬している間に他の家事や風呂を済ませる。

炊いている間にゲームor仮眠

22時~フリーの時間

24時~26時  眠くなったら寝る

 

私の睡眠方法を皆様に軽く紹介します。

これは私独自の方法ですので皆さんにあうかどうかはわかりません。参考までにです。

 

「今なら寝れる!」と思ってから布団に入る。

 

ですので私は決まった時間に寝る習慣はありません。

 

理由なんですが・・・

普段から見ている皆さんはご存知だと思いますが、私は超が付くネガティブマンです。

ですので布団の中でじっと眠るのを待っていると、その日にあった悪い点を思い出して反省会が始まります。反省会が始まるのは良い方で、悪い時はひたすら自己嫌悪を重ねて寝れずに朝を迎えちゃったりします。そうすると最悪です。

 

布団にネガティブなイメージを持たない(大事な日の前に寝れないことがあった、嫌なことばかり思い出してしまう)事を優先しているような感じです。

 

純粋に寝るための場所としてのイメージが根付けばこっちのもんです。

 

私は布団に入ってから2.3分で寝ます(ちゃんと計ったことがないので適当ですが)。

 

寝るために布団に入ってからはスマホは見ません。コレ大事。

あとは寝る前のストレッチ。これも大事。かかせません。

 

 

眠くならなかったらどうするかと言われると困りますね。

この生活に馴染んでから、眠れなかった日もありますが少し無理をすればたいてい昼休みまで持ちますから。そこで昼寝です。

あとは通勤時間に寝てます。始発なんで出来ることですが・・・

 

 

1回で長く眠らない

これはまぁ本当に独自の方法です。

睡眠というのは眠り始めてからの時間経過につれて浅くなっていきます。(多分)

ですから自分は寝たい時間の後半の半分をカットしています。

 

そして通勤時の電車の中や昼休みにこまめに寝て補っていく感じです。

こまめに寝る前に必ずするのがコーヒーを飲むことです。これも独自の方法ですね。

 

寝れなくても目をつむって、外部の視覚情報をシャットアウト。それだけでも十分休養できます(気がします)。

 

これ以外の休日の昼寝も長く寝すぎないこと。長くても1時間半までに済ませましょう。

 

 

軽い睡眠が取れなかった場合は気合です。そんな日は帰ってきてから80分ほど寝たりします。ちなみにこれを書いている日がそうです。今現在超絶眠いですがこれをまとめて、やることもあるので今日は気合ですが。

 

 

 

そして大事なことですが、

自分のベストな睡眠周期を知るということです。

よくあるのは90分毎に睡眠サイクルがどうとかいうやつです。自分は90分周期だと寝起きが最悪です。4時間半も6時間も地獄でした。

ですので自分のベストを知るべく、10分毎に調整してみました。結果として70~80分がベストだと判明(寝起きの感じで観測していくだけですが)。

ですので私の場合4時間~3時間半くらいで起きるのがベストです。

寝るのが遅くなったときには2時間半睡眠くらいを目安にしています。

眠いですが寝起きはスッキリです。頭がガンガンしたりボーっとしたりってことはあんまないですね。

 

睡眠周期を知るというのは多分めっちゃ大事です。暇な時にでも試してみると良いでしょう。

 

 

 

 

ということで普通の人には全く参考にならないかもしれない方法となりました。

文字に起こしてみて自分の睡眠が常識から離れてそうだと察しています。

ただ、今の自分にはこれがあっているので変える気はありません。

 

皆さんも自分にあった睡眠方法や睡眠時間を探して、より快適に生活してみることをおすすめします。