ぐだぐださっかーぶろぐ

サッカー関連の事をゆるーく・ぐだぐだっと取り上げていきます。リラックスして読める記事を目指していきます。

TOP

【スポンサーリンク】

2019夏の若手選手の大型移籍をウイイレ2019でチェック!!

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

この時期になると様々な記事で一喜一憂する蟻です。皆様はいかがお過ごしでしょうか。

 

ウイイレプレーヤーの閲覧が多いこのブログで少しでも現実にも興味を・・・ということで移籍市場をウイイレに紐付けて少し綴っていこうと思います!!

そして今回は主に若手選手(24歳以下)で大型の契約となった移籍を紹介していきます!!

 

 

普段は移籍市場なんてあんまり興味ないよ!!って方も楽しんでもらえたら幸いです!!

 

 

(自分のほしいものを検索しちゃって下さい!Amazonでなにかお買い求めの際は是非コチラからお願いします!)

  

 

 

 

主要欧州リーグ/2019夏の移籍期間 

※開幕日時順に紹介

  1. イギリス : 5/16~8/8 (既に閉幕済み)
  2. フランス : 6/11~9/2
  3. ドイツ : 7/1~8/31
  4. スペイン : 7/1~9/2
  5. イタリア : 7/1~9/2

 

プレミアリーグは開幕が他リーグより早いので移籍市場の閉幕も早め。

そこそこのチームが反発したようですが覆らず。。。プレシーズンマッチをしながら、移籍もしっかりまとめなければいけないので監督やスタッフ陣の苦労は絶えなさそうですね・・・^^;

 

2019夏の大型移籍 (8/1日現在)

年々ぶっ壊れた額になりつつある移籍金。

放映権料の高騰であったり、オイルやガスマネー・企業の大型投資もあり札束どころか札束がパンパンに詰め込まれた重量級アタッシュケースで殴り合いみたいなのが最近の移籍市場の現状です。

一昔前のトーレスが「60億の男」として騒がれましたが今では60億は普通に頻発する移籍金となりました・・・w

 

さて、話を本題に戻しまして、今夏の若手選手のビッグディールを5件紹介していきます。

 

※当ブログではざっくり計算のため

1ユーロ=120円で計算していきます!!

 

ボーナスは除いて記載するため各メディアと差額があります。

 

 

ジョアン・フェリックス

ベンフィカ(ポルトガル)→アトレティコ・マドリー(スペイン)

市場価格7000万€:84億円 / 移籍金1億2500万€:150億円

ぐださか評

「線が細い」との理由でポルトから放出されるもベンフィカで颯爽とブレークを果たし今シーズンの躍動の中心となった選手。クリロナ2世とも評される。

昨季リーグ戦では26試合15ゴール7アシストと大車輪の活躍、EL準決勝でのハットトリックで夏の移籍市場の注目選手となったフェリックスは推定市場価格の倍近い金額でアトレティコへ。グリーズマンの抜けた穴を埋め、過去に大成を遂げたビジャやアグエロ、グリーズマンのような大エースとなるか・・・プレシーズンマッチでは早速大活躍しより期待の高まる選手です。

 

ウイイレ評

f:id:Leovvae:20190810230422j:plain

次作では一気に金へと昇格したと噂されるフェリックス

豊富なスキル・巧みなドリブルがしっかり評価されている模様。また、決定力よりもヘディング値が高いという点も注目。クリロナ2世なんて呼ばれてるのもうなずける。

しかしながらまだ19歳とあって今作はそこまで高能力ではない(伸びしろがエグいので育てると黒に匹敵する)が、次作は一気に金に昇格の噂。FPなんて出たら末恐ろしすぎます。。。ゲームバランス崩壊注意(笑)

 

マタイス・デ・リフト

アヤックス(オランダ)→ユベントス(イタリア)

市場価格75億€:90億円 / 移籍金85.5億€:102億円

ぐださか評

19歳にして名門アヤックスのキャプテンを任されたDF。CLではセットプレーでの得点力や足元の技術が目立ったが、19歳にしてキャプテンを任される人格・そしてDFリーダーとして最終ラインを支える的確な「読み」とカバーリングは天下一品。

ユベントスの先達であるキエッリーニやボヌッチらには縁遠いビルドアップ力も兼ね備えているため、即戦力としてチームの中心になりつつ、偉大な先輩らから様々な要素を吸収してさらなる進化に期待がかかる。

 

ウイイレ評

f:id:Leovvae:20190810230724j:plain

すでに完成されているような能力

スキルはDFに必要なものがしっかり。あとはアクロバティックなクリアを・・・と思っていますがプレシーズンマッチで彼のユベントス初ゴールはまさかのオウンゴール。そこはまだ実装されないかも・・・?w

彼の長短織り交ぜたパスから来るスキルや能力値はもう少し高くても良いかも・・・とレアリティ昇格の次作に期待しております。

ちなみに19歳の若さでキャプテンシー持ちはウイイレでもかなり珍しいです。 

 

 

フレンキー・デ・ヨング

アヤックス(オランダ)→バルセロナ(スペイン)

市場価格85億€:102億円 / 移籍金75億€:90億円

ぐださか評

彼の持つものは若さから来る自信か?否、技術に裏打ちされた自信であろう。

相手からプレスを掛けられても無力化する技術、素晴らしく広い視野で味方からのボールを引き出すポジショニング。エールディビジでは最優秀選手に輝いたこの1年は彼をさらなるステップアップへ。

21歳の若さでこれだけの技術と視野を持つ選手がバルセロナに移籍・・・どれだけ伸びてくれるか楽しみです。

 

ウイイレ評

f:id:Leovvae:20190811142239j:plain

ウイイレでもうっすらCB適正が。ベッケンバウアーのようになれる素質も・・・?

ウイイレではスピード命!って感じがあるので素の状態では少し使いにくさもあるかもしれませんがレベルが上がれば全てが高水準のMFに。真ん中であればCBからSTまでこなすユーティリティさはポジトレを使っていけばかなり使い勝手も上昇しそうです。

何より次作での能力上昇、そしてFPとしての登場が楽しみですね。

 

タンギ・エンドンベレ

オリンピック・リヨン(フランス)→トッテナム・ホットスパー(イングランド)

市場価格65億€:78億円 / 移籍金60億€:72億円

ぐださか評

リヨンでは総パス数・キーパス数・ドリブル数・タックル数で上位にランクインし攻守両面での活躍が伺える。ドリブルでの仕掛けもパスも一級品で移籍先のスパーズの形のインサイドハーフにピッタリの選手。開幕戦で早速ゴールを上げるなど好調さもgood。

もともと持ち合わせた体躯も素晴らしくパワフルでプレミアへの適応は問題ないはず。ダイナミックさと高いインテンシティでチームの「エリクセン依存」脱却にも一役買えるだけの選手だと楽しみに期待しています。

 

ウイイレ評

f:id:Leovvae:20190811150116j:plain

大型アプデ後に強化されかなりいい選手に。筆者はアプデ前のを重宝(笑)

ウイイレプレイヤーはこの能力値と若さで育てるのを即確定させる人も多いハズ。スキルも豊富・ドリブル値やスピードも高く守備能力はかなり高めでレベマにすれば全能力値に+5とかなりの高水準選手に。FPはかなり強力で、蟻も正直めちゃめちゃ欲しかった(もともと好きだったのもあり)がしっかり外している。。。

次作は守備能力はほぼ変わらない可能性アリ。ただ今シーズンのアシスト数や仕掛けの良さからドリブル・パス値などが上昇する余地は大いにある。バランス良く・速い。ウイイレでの使い勝手は次作でもトップクラスのはず、楽しみです。

 

 

ルカ・ヨビッチ

フランクフルト(ドイツ)→レアル・マドリー(スペイン)

市場価格&移籍金ともに60億€:72億円

ぐださか評

昨シーズン後半から調子を上げた若手は今シーズンも勢いそのままに大活躍。 

アレとの2トップでのコンビ、そしてトップ下のレビッチを含めて「魔法の三角形」と称されるほどのトリオはチームで41得点を叩き出しそのうち17得点のヨビッチはまさに大車輪の活躍。ポジショニングの良さや思い切りの良さと攻撃センスは若さから来るものと彼自信の肝から来るものだろう。

レアル・マドリーでのお披露目のときにも思ったのだが体がとにかく厚い。パワフルさに技術まで培われていけば相当な選手になることは間違いないはず・・・!!!

 

ウイイレ評

悲しいことに非搭載・・・

だからこそ来シーズンに搭載されるのが待ち遠しいです。

 

 

最後に...

記事を書いている間にプレミアリーグは開幕。さらには紹介予定のエンドンベレは開幕戦でしっかりゴールしちゃってて記事を書いたかいがあるってもんです。(?)

この記事を上げた日のプレシーズンマッチではフェリクスもユベントス相手に2得点と大活躍でさらなる活躍に期待がかかります。

 

プレミアリーグ以外の移籍期間もあと少し。移籍期間を楽しみながら新作を待って、みなさんがそれぞれに好きな選手の能力値の上昇とかも期待してい待ちましょう。

 

それでは、あでゅー。