ぐだぐださっかーぶろぐ

サッカー関連の事をゆるーく・ぐだぐだっと取り上げていきます。リラックスして読める記事を目指していきます。

MENU

【スポンサーリンク】

ウイイレ2019マイクラブ~LvUPでどれだけ伸びる?選手育成のお話~

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

プレミアリーグの上位陣も固まりつつ、リーグの他にカップ戦や欧州戦も増えてきて負担増の各クラブ。ここからもまた面白い時期に入ります。

 

さて、今回の記事は過去に動画でも説明していた

[LvUPでどれだけ選手の能力が上がっていくか]

ということに関するお話です。

 

 

 

 

(自分のほしいものを検索しちゃって下さい!Amazonでなにかお買い求めの際は是非コチラからお願いします!)

 

 

Lv上限について

今回紹介するLvUPに関しての大前提として、Lv上限のお話を少し。

まずLv上限の値は選手の年齢と総合値によって決まります。

 

年齢

若いほどLv上限は高く年齢が上がるに連れLv上限は低くなります。

俗に言う伸び代ってやつですね。

もちろん30代の選手でもある程度は伸びますが、10代や20代前半のような大幅な伸びは期待しないほうが良いでしょう。

 

総合値

総合値が低ければLv上限は高く総合値が高ければLv上限は低くなっています。

 

ただコレに関しては総合値が低い方が上限こそ高いですが、Lv上限はが大きく伸びるわけではないので、大きな要因・注視すべき点年齢でしょう。

 

 

 

能力上昇の法則

Lvが上がるに連れて能力値が上がっていくマイクラブの育成ですが、その中にはいくつか法則があります。

※今回の法則では主にフィールドプレーヤーを対象としています。

GKの能力値上昇はまた別になりますのでご了承下さい。

 

上昇パターン(A-F)

能力値は1Lv上がる毎に3つの項目が伸びていきます。

そしてこの上がり方にはパターンがあり、全てで6通りとなっています。

 

パターンA

  • オフェンスセンス/ボール奪取/スピード

 

パターンB

  • ボールコントロール/ディフェンスセンス/キック力

 

パターンC

  • ドリブル/プレースキック/ボディコントロール

 

パターンD

  • グラウンダーパス/決定力/ジャンプ

 

パターンE

  • フライパス/フィジカルコンタクト/スタミナ

 

パターンF

  • カーブ/ヘディング/瞬発力

 

6Lvの定義

30Lvからは6Lv上がる毎に全ての能力値が1上昇します。

先ほど説明したパターンの6つが6レベルの中のどれかに当てはまっていて、1回ずつ上がっていくということになります。

f:id:Leovvae:20181002200106j:plain

フォロワーさんから頂いた参考画像になりますが、

30から36の段階でGKの能力以外が1ずつあがっているのがわかります。

 

上がり方は6レベルの周期ごとに様々で、ABCDEFと順に上がっていくわけではありません。ですので36レベと37レベでは同じ能力が上昇する。と言った例もありますのでご注意下さい。

 

6レベル毎に全ての能力が1ずつ上がるということを覚えておけばある程度の伸びが見えてくるので是非参考にしてもらえたらと思います。

 

61Lv~78Lvの育成表

61Lvから78Lvまでの間の能力の上がり方の表を置いておきます。

各能力の数値は30Lvの能力にプラスして下さい。

 

能力/Lv 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78
オフェンスセンス 5 5 5 5 5 6 6 7 7 7 7 7 7 7 7 7 8 8
ボールコントロール 5 5 5 6 6 6 6 6 6 6 7 7 7 8 8 8 8 8
ドリブル 5 5 6 6 6 6 7 7 7 7 7 7 7 7 7 7 7 8
グラウンダーパス 5 6 6 6 6 6 6 6 7 7 7 7 8 8 8 8 8 8
フライパス 5 5 5 5 6 6 6 6 6 6 6 7 7 7 8 8 8 8
決定力 5 6 6 6 6 6 6 6 7 7 7 7 8 8 8 8 8 8
プレースキック 5 5 6 6 6 6 7 7 7 7 7 7 7 7 7 7 7 8
カーブ 6 6 6 6 6 6 6 6 6 7 7 7 7 7 7 8 8 8
ヘディング 6 6 6 6 6 6 6 6 6 7 7 7 7 7 7 8 8 8
ディフェンスセンス 5 5 5 6 6 6 6 6 6 6 7 7 8 8 8 8 8 8
ボール奪取 5 5 5 5 5 6 6 7 7 7 7 7 7 7 7 7 8 8
キック力 5 5 6 6 6 6 6 6 6 6 7 7 8 8 8 8 8 8
スピード 5 5 5 5 5 6 6 7 7 7 7 7 7 7 7 7 8 8
瞬発力 6 6 6 6 6 6 6 6 6 7 7 7 7 7 7 8 8 8
ボディコントロール 5 5 6 6 6 6 7 7 7 7 7 7 7 7 7 7 7 8
フィジカルコンタクト 5 5 5 5 6 6 6 6 6 6 6 7 7 7 8 8 8 8
ジャンプ 5 6 6 6 6 6 6 6 7 7 7 7 8 8 8 8 8 8
スタミナ 5 5 5 5 6 6 6 6 6 6 6 7 7 7 8 8 8 8

 

※Lvマスの色がそのレベルになった時に伸びている能力です。

※スマホで閲覧している方が表を全て見るにはタテ&ヨコにスクロールが必要になります。

 

育成について

必要経験値

1レベル上げるために必要な経験値はレベル上限によって変わってきます。

レベル上限が高い選手ほど1レベル上げるのに必要な経験値は少なく、レベル上限が低い選手ほど必要経験値は多くなってきます。

ただし、レベルが上がるに連れ必要経験値は増えていきます。結果的に上限が高い選手の方が必要経験値は多いですが、あがりやすさは上限が高い選手のほうが上がりやすいと言えるでしょう。

 

育成のコツ

効率よく育成する。すなわち上手く大成功を起こすにはどうしたら良いかという事ですが、試合前のロード画面なんかでいくつかヒントが出ています。

そもそも成功や大成功の確率は謎ですし、倍率もイマイチわかっていません。

 

共通点の多い選手をコーチにする

これはもう皆さん知っていると思います。

在籍クラブ・国籍・ポジション・プレースタイルなどなど様々な共通点を探すのです!

最たるものが同一選手をコーチにするというやり方ですね!

同一選手のコーチで大成功して、1人でLvMAXまで育った!なんてツイートもちらほら。そんな効率良い育成してみたいですね・・・!

 

調子の良い週に育成する

LiveUpdateでAやBの週に育成すると大成功の確率が上がるとあります。

余裕があれば調子が良くなるまで待ってみてはいかがでしょう。未所属の選手はいつまでたってもAやBにならないので要注意ですよ!

 

とまぁツキナミですがこんなところでしょうか。

 

 

最後に

今作も若手で伸び代があって、もともと良い素質を持っている選手は大注目です。

育てていけば黒レア選手のLvMAXに匹敵したり、自分好みの使い勝手の選手になっていたり、様々です。

今回紹介したデータを基に、どの程度の能力になるかなど予測しながら育てる選手を決めてもらえたら嬉しく思います。

 

今後は動画でやった若手選手スカウトを紹介していきますので要チェックでお願いします!

 

それでは、あでゅー。