ぐだぐださっかーぶろぐ

サッカー関連の事をゆるーく・ぐだぐだっと取り上げていきます。リラックスして読める記事を目指していきます。

MENU

【スポンサーリンク】

ウイイレ2019のぐだぐだライセンス情報

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

 

ライセンスだけですごい文字数になったので別記事にしました!

 

 

(Amazonで何か購入の際はコチラからお願いします!) 

 

 

↓元記事はコチラ! ↓

 

leovvae.hatenablog.com

 

ライセンスのもくじ! 

 

 

 

 

UEFA Champions League

www.konami.com

公式サイトで声明がありましたがウイニングイレブン2018をもってUEFAとの契約が切れました。これにより2019からは大会のCLモードやマイクラブのCLガチャなどのUEFA系列のイベントがなくなるものと思われます。

(マイクラブでは名前を変えて欧州リーグガチャとかになって出る可能性も無きにしもあらずですが。)

 

パートナー契約&アンバサダー

シャルケ04パートナー契約

f:id:Leovvae:20180725183928p:plain

ドルトムントとのパートナー契約が解除となりましたが、新たにシャルケパートナー契約をしたことを発表しました。このパートナー契約によりシャルケの本拠地であるフェルティンス・アレーナが2019で収録されますね。

シャルケは今シーズン主力として活躍したマックス・マイヤーやレオン・ゴレツカら期待の若手の中盤がバイエルンに移籍した点は痛いですが、新戦力もなかなかなので期待できます。

 

ASモナコパートナー契約

f:id:Leovvae:20180802172759j:plain

画像左から ジェメルソン ティーレマンス シディベ ファルカオ ケイタ・バルデ

フランス、リーグ・アンの名門のASモナコとのパートナー契約が発表されました。昨シーズン主力だったファビーニョリヴァプールへ、トマ・レマールはアトレティコへ移籍してしまいましたが、W杯で一躍ブレイクしたロシア代表のアレクサンドル・ゴロヴィンを獲得。他にも若手を中心に補強を進めています。

 

インテルパートナー契約

f:id:Leovvae:20180802174836j:plain

画像左から ペリシッチ ボルハ・バレロ ガリアルディーニ イカルディ

イタリア、セリエAの名門のインテルとのパートナー契約を発表されました。今夏は大幅な入れ替えを敢行。デ・フライやクワドォ・アサモア、そしてラジャ・ナインゴランら即戦力を獲得し退団した選手の箇所を的確に、上向きで補強。まだビッグネームと交渉中との噂もあり今後も目が話せない。

 

セルティック&レンジャーズとパートナー契約

f:id:Leovvae:20180802214429j:plain

f:id:Leovvae:20180802214435j:plain

スコットランドリーグから2つのクラブがパートナー契約をしました。

セルティックのパートナー契約により中村俊輔がレジェンドで・・・!?なんて機体を膨らませている自分もいます(笑)

 

 

アンバサダー

ファルカオ
f:id:Leovvae:20180802173121j:plain

ハカン・チャルハノール

f:id:Leovvae:20180802214951j:plain

 

 

 

 

リーグライセンス

f:id:Leovvae:20180725183953p:plain

2018でも見覚えのあるリーグも含めて、2019では正式名称のリーグが新たに7つが追加された。アルゼンチンリーグポルトガルリーグは偽名で存在したが2019からはリーグ名は正しくなり、チーム名も多分ちゃんとなる・・・ハズ・・・。

 

ロシア/プレミアリーグ

f:id:Leovvae:20180725184127p:plain

かつて本田圭佑が所属したCSKAモスクワもこのリーグ。

ロシアW杯でダークホースとなったロシア代表の殆どがこのリーグに所属するチームの選手。今シーズンはロコモティフ・モスクワCSKAモスクワがCLに出場。チェルシー期待の若手であるパシャリッチもロシアで武者修行中。

いかんせんロシアリーグは土地が広大すぎて移動がえげつない。アウェイゲームで4000km移動とか正直キツすぎる。

ロシアリーグ参戦クラブ

f:id:Leovvae:20180802215533j:plain

 

アルゼンチン/スーペルリーガ(プリメーラ・ディビシオン)

f:id:Leovvae:20180725184141p:plain

2018では偽名で登場していたこのリーグ。ボカ・ジュニアーズリーベル・プレートなど南米でも屈指の強豪を擁するリーグ。カルロス・テベスフェルナンド・ガゴファブリシオ・コロッチーニなどベテラン選手やW杯で超絶FKを決めたキンテロやパラシオとサッカー界の調味料王を競うレオナルド・ポンシオもここのリーグです。なんと1部に28チームが参加。ブエノスアイレス近郊のクラブ同士の戦いはかなりアツい。

 

デンマーク/スーペルリーガ

f:id:Leovvae:20180725184213p:plain

一昔前のウイイレにはノアシェランがいた気がする・・・

2018でも収録されていたコペンハーゲンにはロシアW杯でブレイクしたスウェーデン代表GKのロビン・オルセンを筆頭に欧州の代表クラスがちらほら(※ローマへ移籍が決定しました)。今年のCL予備予選に回ったミッティランには過去にアヤックスレアル・マドリートッテナムなど競合を渡り歩いたラファエル・ファン・デル・ファールトも在籍。

 

ポルトガル/リーガ・ゾン・サグレス

f:id:Leovvae:20180725184228p:plain

2018では偽名で収録されていたのですが、ベンフィカポルトスポルティングら強豪は正式名称だったため正直あまり代わり映えしない印象。

それもそのはず、13‐14シーズンから今年のリーグまでの5年間、3位までを先程の上記クラブが独占していたのも大きい(ベンフィカが4連続優勝。17-18シーズンはポルトが優勝)。

スポルティングはサポーターの練習場襲撃事件によりドバっと主力がフリーで流出したこともあり色々と厳し目な様子。

リーガ・ゾン・サグレス参戦クラブ

f:id:Leovvae:20180802215658j:plain

 

スイス/スーパーリーグ

f:id:Leovvae:20180725184324p:plain

2018でも収録されていたヤングボーイズやバーゼルらが所属するリーグ。

16-17シーズンまでバーゼルが 8連覇していたが17-18シーズンはヤングボーイズが優勝。そもそものチーム数が10チームと他に比べると少なめ。申し訳ないのですが、私が持つ情報が少なく、過去に柿谷や久保がプレーしていたリーグとしか言えない。

 

スコットランド/スコティッシュ・プレミアシップ

f:id:Leovvae:20180725184248p:plain

スコットランドリーグでは名称が変わる前から数えてセルティックが現在7連覇中。

過去に中村俊輔が在籍したこともあり結構知られてるはず。ベルギー代表のボヤタやフランスの年代別代表に選出されているデンベレセルティック所属。

2018ではレジェンド選手として登場したスティーブン・ジェラードがここに属するレンジャーズ(財政破綻で4部に降格していたが16-17に1部に復帰)の監督に就任。レジェンド選手のジェラードと、監督のジェラードを同時期用もちょっと夢がある。

スコットランドリーグ参戦クラブ

f:id:Leovvae:20180802215749j:plain

ベルギー/ジュピラー・プロ・リーグ

f:id:Leovvae:20180725184341p:plain

昨年のCLに出場したアンデルレヒトクラブ・ブルージュなどなど。

アンデルレヒトには有力クラブの大争奪戦の後、エヴァートンからレンタル加入したオニェクルやベルギー代表にも選出され、ロボコップの異名を持つデンドンカーら有力選手も所属。川島永嗣が過去に所属したスタンダールや昨シーズン豊川雄太が奇跡の残留を起こしたオイペンもこのリーグ。

近年は若手の宝庫とも呼ばれ仕様によってはマイクラブでは重宝されるかもしれない。

 

 

 

最後にぐだぐだ総評・・・

ここにライセンス料を払ったか・・・と思う方もいるかもしれませんね。

個人的には知らない選手もたくさんいるリーグが多く入っていて、これを機に見識を広めるチャンスと思っていてちょっと楽しみにしています。

PES公式のTwitterバイエルンレアル・マドリーの公式がフォローしていたのでそこの2チームが来るかもしれない!なんて噂もありますが・・・真相やいかに・・・

 

 

とまぁライセンスだけでもこれだけ記事ができました。

途中にも入ってますが、公式が更新され次第コチラも追記していきますのでよろしくおねがいします!

 

それでは、あでゅー。